【粗大ゴミ】ひと手間で処分費用《大幅カット》

くらし体験からの発見
chika

ブログ閲覧、ありがとうございます♪
33歳/ピアノ講師13年目/コミュ障/2児の母/7年前に楽器店のピアノ講師から、夢だった【個人ピアノ教室の先生】に。全ての関係者様との出会いとお付き合いに大感謝!
詳しい自己紹介はプロフィール名【chika】をクリック♪

chikaをフォローする
chika
chika

気づいたらミニマリストになっていた。

必要最低限の物だけで生活したい。

こんにちは、chikaです!

    

今回の記事の内容

3人掛けソファー/2人掛けローソファー/ハイローチェア/新生児チャイルドシート/衣装ケース2つ

これらを一気に捨てるのに…

大手ゴミ回収業者に頼んだら50,000円〜60,000円

自分でやったら1,000円で済んだ話。

     

  • おもちゃや物が溜まるだけ/扱いが酷く汚れがひどいソファー(貰い物)
  • もう使わない新生児用のチャイルドシート/ハイローチェアー
  • なくても困らない埃溜まりベッドサイド照明。
  • 収納に対して大きさが合わない衣装ケース

   

これらを思い切って捨てたい!

    

chika
chika

捨てたいと思ったら、

すぐ捨てたーーい!!←せっかち

    

そんな思いで我が家が動き出し、経験をした衝撃の体験…

    

大手に頼んだら50,000円〜60,000円かかるところ

ちょっとの手間で1,000円になった方法をお伝えします!

    

【結論/方法】持ち込み処分をした。

     

たったこれだけ。

    

この【持ち込み処分】の存在を知らずに業者に頼んでいたら、

とんでもないお金が飛んでいました…

      

こんな人に読んで欲しい
  • 大きな家具を最低コストで捨てたい人。
  • 市/町で回収してもらえない大きな家具がある人。
  • 低コストのために少しの手間は許せる人。

    

こんな人には不向き

電話1本で持ち運びから処分まで済ませたい人。

    

ゴミを捨てる為に金がかかる。

こんな現実に、抵抗がない方はいないと思います。

    

是非この記事を読んで、

払わなくてもいい費用を守ってください!

    

ご注意

産業廃棄物はダメです。

ここで紹介する事は、全ての地域に当てはまるわけではありません。

家庭の粗大ゴミを【自分で出す方法がある】と言う参考までに、ご覧ください。

     

一般的なゴミ出しについて

chika
chika

今回は粗大ゴミにフォーカスを当てます!

     

一般的に粗大ゴミと言われると…

   

  • 粗大ゴミシールを買って、役場に電話をして取りに来てもらう。
  • 民間業者に頼む。
  • 自分たちで細かく粉砕して燃えるゴミに持っていってもらう。
  • とりあえずなんかすごく、手間(かかりそう)

     

そんなイメージでは無いでしょうか?

     

chika
chika

大きさも調べないといけないし。

日にちは決められているし。

いざ来てもらったらこれは出せません…

とかなったらこれまた手間やなー

     

私はそんな思いでいました。

       

【転売】リサイクル店に持ち込み

chika
chika

お金払ってゴミに出すくらいなら、

リサイクル店で売ろう!

プラスにならんくても、

引き取ってくれるやろう!!

    

ハイローチェアとチャイルドシートは、

リサイクル店に持ち込みました。

    

しかし、【古い】【汚れている】という点から買取は✖︎。

     

それどころか、逆に処分費を取られるという事態に…

    

「そんなんだったら良いです。」と、

諦めて持ち帰りました。

    

chika
chika

3年前はすんなり買い取ってもらえていましたが、今回はダメでした…

     

【中額】町での回収

手間はかかっても良いから、何とか処分したい。

    

地域のゴミ出しルールに沿って捨てる計画を立てましたが、

ここで問題が。

    

【問題点】

大きすぎて町が回収してくれる粗大ゴミに出せなかった。

    

市や町の粗大ゴミ回収は、大きさが決まっています。

その為、条件を満たしていない物は頼む事ができません。

    

chika
chika

ソファーだけ出せないのかぁ…

うーん、出せるやつだけ出す…?

でも、どうせなら一気に片付けたい!

    

【高額】大手ゴミ回収業者

町で出せないとなると、次に思い浮かぶのは民間業者です。

     

【私の偏見】無料回収という文字が怖い/怪しく見える

    

しっかりされている業者さんも勿論見えます。

     

しかし、私の知人からこんな話を聞いていた為、

信頼できずにいました。

    

知り合いの怖い経験談

【回収して欲しいゴミにチラシを貼って置いておいてください。○日に勝手に回収して行きます!】

   

そんなタイプの個人事業の無料回収に頼んだら、

ゴミ以外の物まで持ってかれてしまった!!

      

こんな話を聞いていたので、

出来れば信頼あるところに頼みたい。

   

そんなことを考えながら検索をかけていたら、

とある大手業者の広告がたまたま出てきました。

    

運命を感じて電話をかけることに…

    

流石、大手業者

親切/即日対応/丁寧

電話からリアルに会っての対応。

すごく良い感じではありましたが…

    

無料で見積もりに来てもらって驚愕の金額

    

chika
chika

ウェブで見てた感じだと2〜3万の間かなぁ??

業者さん
業者さん

ウェブ割引もさせてもらって…

5万円から6万円の間ですね!

chika
chika

えっ!?

   

   え???

      

予算範囲内なら頼もうと思っていました。

しかし、流石に《保留》という形で

帰っていただきました…

   

ぼったくりでは無い

業者さんが絡む事によって【人件費】はもちろん

回収したゴミは業者さんの方で

【解体費用】/【産業廃棄物として処理】が加算される為

私達が考えている以上の金額になってしまいます。

   

【激安】市の施設へ持ち込み処分

ここまでやって夫がぽそりと呟く。

    

夫

そういえば、

持ち込み処分ってのがあったなぁ。

chika
chika

え??

早よ言ってーーー!!!

     

実は自分達でゴミを運べば格安処分してくれる施設があります。

    

その施設の名前は…

粗大廃棄物処理センター

    

安心と信頼のおける、【市の施設】です。

chika
chika

住んでいる地域に

粗大廃棄物処理センターがあるか?

役場に聞いてみるのが1番早く、確実です!

    

粗大廃棄物処理センター

車に捨てたいゴミを自分達で積み込みます。

そして、以下の手順で手続きを行います。

chika
chika

この写真は我が家のゴミを

軽トラに積んでいる写真です。

しっかりロープで固定して持って行きました!

    

【手順】2ステップ

❶済んでいる地域で事前受付を済ませる。

夫

(役場にて…)

不燃ゴミ出しに行きたいんですけど、

許可申込書下さい。

    

《投入許可申請書》を貰って記入。

これが許可証になっています。

     

❷指定場所に持ち込む

許可証を提出。

施設の人の案内に従い、ゴミを捨てる。

    

chika
chika

我が家はその日に書類を書き、

その日のうちにセンターに持って行き

すぐに処分してもらいました。

     

【料金】kg単位で計算

100kg以下は一律1,000円

100kgを超えた場合は10kg毎に100円加算

    

chika
chika

安すぎイィィイ!!

    

【例】今回出した家具類の出せる範囲

ソファー/ベッドサイドボード

《木製品類》

タンス、戸棚、テーブル、椅子、ソファー、ベッド、建具等

ハイローチェアー/チャイルドシート

《その他》

粗大廃棄物と認められるも

衣装

《プラスチック類》

プラスチック類 衣装ケース、生活用品、玩具

   

【種類】出せる物/出せない物

私の住んでいる地域の情報ですが、

その他の物も参考にまとめてみました。

    

chika
chika

もう少し詳しく知りたい方は

参考までにご覧ください♪

    

○出せる物

粗大廃棄物 (産業廃棄物を除く)

家電製品類

電子レンジ、掃除機、扇風機、食器洗い機、AV機器、ミシン等

金属製品類

自転車、物干し竿、スチール棚、ガスコンロ、石油ストーブ等

     

不燃物 (産業廃棄物を除く)

カン類

スプレー缶、一斗かん等 (資源ごみを除く)

ビン類

花瓶、化粧品容器等 (資源ごみを除く)

金属類

鍋、フライパン、包丁、針金ハンガー、傘等

ガラス類

板ガラス、ガラス食器、鏡等

有害ごみ類

乾電池、蛍光灯、水銀体温計等

小型電子機器類

携帯電話、携帯ゲーム機、デジタルカメラ、携帯音楽プレーヤー等

その他

不燃物と認められるもの

    

✖️出せない物

危険物等

ガソリン、シンナー、ベンジン、灯油、プロパン、塗料、化学薬品、農薬、火薬、毒物、劇物、爆発物等

破砕処理困難物

農機具、バイク、FRP船、消火器、ピアノ等

産業廃棄物

事業活動により使用・排出された廃棄物等

医療廃棄物

注射針、血液等付着した感染性の物等

家電リサイクル対象品

エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機等

     

廃棄物の大きさ

金属類

筒状 幅90cm/長180cm/厚0.2cm 以内

板状 幅90cm/長180cm/厚0.2cm 以内

木類

家具・建具 幅100cm/長180cm/厚60cm 以内

板状 幅100cm/長180cm/厚3.5cm 以内

丸太・柱 直径20cm/長100cm 以内

   

【メリット】持ち込み処分

  • とにかく安い!!
  • 物の数ではなく、キロ単位で料金が計算される。
  • 様々な種類の物を1回で一気に処分できる。

    

【デメリット】持ち込み処分

  • 自分達で運ぶ必要がある。
  • 受け取り範囲より大きな物は出せない。(寸法以上の物は切断等すれば出せる)
  • 自家用車に乗らない場合、軽トラックを借りる必要がある。

    

おわりに

ゴミを出すのにお金がかるのは仕方ない…

    

そうは思っていましたが、

業者に頼むのと自分でやるのとで

こんなに大差があるなんて思いもよりませんでした。

    

皆さんも大型ゴミを出す際には、

ご自分の地域で【持ち込み処分】ができるかどうかについて

調べてみてください。

   

50,000円が1,000円になった我が家。

    

今回の経験で処分費用が浮いた嬉しさだけでなく、

この先も大きなゴミが出た時は迷わず

持ち込み処分を選択出来る【心の余裕】が生まれました。

     

最後まで閲覧、ありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました