体重増加不良息子の食事ストライキ

ぼやき日記
chika

ブログ閲覧、ありがとうございます♪
33歳/ピアノ講師13年目/コミュ障/2児の母/7年前に楽器店のピアノ講師から、夢だった【個人ピアノ教室の先生】に。全ての関係者様との出会いとお付き合いに大感謝!
詳しい自己紹介はプロフィール名【chika】をクリック♪

chikaをフォローする

ここ1週間ほど、こちらが用意するご飯をぜーんぜん食べてくれない息子でした。

シンドイ。

 

どんな時でも食べていた

豆腐、しらす、ポテチ、までダメとなるとお手上げなんだが…!

食べ物はいらないけどお腹減っているので、ひたすら豆乳(牛乳は消化不良ぽいので禁止中)を求めて飲むという…

こまったもんだ。

  

こまったけど…仕方ない、どーにもならない。

定期的に大きな病院で成長チェック(現在も継続中)をしつつ、精密検査までやってもらったけど、特に異常なし。

今の所完全にご飯の量が問題…!

   

1ヶ月に1度あるかないか位の頻度でやってくる、このストライキ。

1年以上定期的にやってくるので慣れてきたけど、やっぱり大変な時期。

   

息子(2歳半)の偏食ぶりがコチラ

味の濃い物の日、甘い物の日、スナックの日、麺の日、パンの日、無味の白飯のみの日…など。

食べ物をバランスよく食べてくれる日なんて、記憶にない。

今はもう「食べてくれれば何でもいい精神」で大分楽になりましたが、1年前の私はキチンと食べさせられない事に発狂してました。

   

息子の食べたい物と食べたいタイミング、私の準備できる物と食べさせられる時間とがマッチしないと上手く食が進まない。

  

合わせてあげられなくてごめん…

母親なのに何が食べたいかわかってあげられなくてごめん…

と、自分を責める日々でした。

   

食べ物はバランスよく、椅子にしっかり座らせて、ご飯の時間を決めて皆んなと食べさせる…など。

「良い」とされる事に一生懸命になりすぎたが故にストレスが酷く、日常生活に支障が出始めたのを機に潰れる前に自分を責めるのをやめました。

   

【親が気持ちを軽くして優しい心で接したことにより、子もリラックスして食べはじめ…】なんて事にはならず、相変わらずワーワーギャーギャーと偏食のまま来ていますが。

   

子育ての「一般常識」と「こうでなければならない。」を取っ払ったことで、自分の心にゆとりが出ました。

 

ゆとりが出来るとストライキを起こされても広い心で受け止めることができるようになったので、こちらの体調不良がなくなり平和な世界になりました。

  

元々周りの意見を気にせず、「この子はこの子だからー」と楽観的な私だったので追い詰められる事はないと思っていたけど、子育てでまさか自分がこんな風になるとは…

子育てって本当、「自分にも何があるのかわからないものだなぁー」と思いました。

    

幸い息子はなんとか体重は減らずに少しずつ(平均枠にはまだinしてない)増えつつあるので、これからもゆったり頑張ろうと思います。

  

ゆったりしすぎて机で食べずに、「今日はここで食べる」と、自分でランチョンマット(お姉ちゃんの真似)を準備して、好きなところで食べるピクニック形式。

息子のペースに合わせる時間がなく、とりあえずご自分でどうぞのビュッフェ形式もとったり。

  

何とか工夫?しながら息子と頑張ろうと思います♪

   

    

    

ちなみに今日は、ひたすらみたらしを食べる日みたいです笑

のどつまらかせんようにせねば…

コメント

タイトルとURLをコピーしました