初マンモと生体検査からのガーン

乳がん
chika

ブログ閲覧、ありがとうございます♪
33歳/ピアノ講師13年目/コミュ障/2児の母/7年前に楽器店のピアノ講師から、夢だった【個人ピアノ教室の先生】に。全ての関係者様との出会いとお付き合いに大感謝!
詳しい自己紹介はプロフィール名【chika】をクリック♪

chikaをフォローする

はじめての乳腺外科

胸にしこり?を自覚した2月

   

抗うつ薬のドグマチールの影響で胸が張ってるんだろうと思ってた

実際に生理が止まったことからドグマチールを飲むのをやめたのだけど、しこり?もだんだん小さくなっていった気がしていたし

    

でもしこり?があるのは左πだけだし、右πにはないし…

うーん

   

これを機に乳腺外科に行くことに

     

本当は乗り気じゃなかった(自分の事となるとめんどry)

うだうだ言っていると夫が割と強めに「行ってきた方がいい」と言ってくれたのでしぶしぶ予約をした

     

初めてのマンモグラフィーは…まぁまぁ痛かった

    

「ちょっと引っ張りますねー…(πグイィイイイン!!」

    

人にこんなに引っ張られるのが初めてで笑いそうになった

    

π圧迫は…

「今半分くらいですー」

「(これで半分?ガチで!?)」

心の中で叫んだ

    

「大丈夫ですか?」

「ハヒ…ダイジョブデス…!(息吸えない)」

    

痛い、死ぬほど痛い、みたいなイメージだったけど、息を止めていないと痛くなりそうな感じだった

    

超音波で検査もしてもらい結果は…

「しこり」確定だった

    

「この位置のしこりは…気になります(キリッ」

「えっ…(´・ω・`)」

    

気になるって…えー…

という事で生体検査をする事になった

     

πの生体検査

【局部麻酔をして組織を取る】

    

諸々説明を受けて…

局部麻酔ー!?いやぁぁあ!!怖いー!

と思ったけどやるしかない

    

πに麻酔を打ってしこりまで太い針を刺し組織を採取する。という検査

    

麻酔は…まぁ想像通りで痛かった

     

その後グイグイすごい力で押されながら検査の針を組織まで刺して…

「ちょっと大きい音がしますよー」

バチン!!!

「…っおぉー…」

「けっこう大きい音ですよねー笑」

     

衝撃と音が凄かった

    

例えるなら…

割と高めのおもちゃの銃を0距離で撃たれた感じ…?

     

それを6回やった

けっこう時間がかかり、グイグイされる感じが怖くて辛かった

     

結果は1週間後

何にもないと良いなぁーなんて呑気に過ごした

     

結果は…ガーン

「結果なんですが…よくない結果でした」

「あぁ…そうですか…」

    

いわゆる【乳癌】

淡々と検査結果を聞き、大きな病院での治療となる事/早速予約を取った

    

「大丈夫ですか?」

「うーん、まぁ…どーしょもないですからね」

ものすごい落ち着いてた自分

「治る病気ですから、頑張って治してきてください。」

    

車で1人になった時に本音がふつふつと湧いてきた

   

家族にごめんなさい

病気の宝くじひいちまいました

どんくらいお金かかるかなぁ

治療しながらレッスン出来るんかなぁ

私が癌ってことは、子どもも癌率あがっちゃうんかなぁやだなぁ

また手術すんのかなぁ

あーあ、なんでかなぁーー

人よりも健康に気を遣ってきたつもりなんやけどなぁー

     

ポロッと涙が出た

    

今日は検査結果が出る事を知っている夫と母から連絡があり

    

ごめんなさい

癌でした。ガーン。

    

と送った

    

一生使わないガーンだと思ってたのに使う日が来るとは…せっかくだから使った

    

結果にうだうだ言っててもしょうがない

とりあえずGW明けに大きな病院にかかる事になった

    

その時に何言われるかなぁ

どんな治療するのかなぁ

ドグマチール飲んでなかったら気付くの遅かったんやろか…?

検査してよかった…!

結果は変えられないんだからもう治すしかない

   

病院でスムーズに話が入ってくるように、一応本を買って勉強しよう

     

ホントびっくりするくらい自覚がまだ無い

自覚なさすぎて絶対治すぞー!オーー!!!みたいな気も湧いてこない

    

とりあえず治療とか始まるまで…

ぼんやり今まで通り過ごそうー(*´-`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました