【帝王切開】体験談①逆子診断/入院中/手術直前

くらし体験からの発見
chika

ブログ閲覧、ありがとうございます♪
33歳/ピアノ講師13年目/コミュ障/2児の母/7年前に楽器店のピアノ講師から、夢だった【個人ピアノ教室の先生】に。全ての関係者様との出会いとお付き合いに大感謝!
詳しい自己紹介はプロフィール名【chika】をクリック♪

chikaをフォローする
chika
chika

こんにちは!

メンタル弱くて勝手に過呼吸を起こす。

そんな私でも帝王切開の不安を乗り越えられたchikaです!

      

この記事の意図

  • 人生の中で貴重な体験、出産【帝王切開】の心境を忘れない為
  • 自分の周りの人が同じ体験をする事になった時、自分の経験を活かしてサポートしたい
  • 帝王切開を控えている方・知り合いに帝王切開を控えている人がいる方の、なにかしらの参考になって欲しい

       

    

chika
chika

私は超ビビリだったので産前に帝王切開の体験談を調べた事はありません。

しかし、「知っていればよかった!」と思う事があったのも事実。

沢山の体験談が溢れる中、私の体験談も仲間入りさせて貰おうと思います!

     

注意

リアルな話を包み隠さず、そのまま書きました。

見る方によっては【ビックリ】したり【不安】な気持ちになるかもしれません。

リアルな声ではなく【勇気だけを貰いたい方】は他の記事を探して下さい。

  

少しでも誰かの参考になれば幸いと思います!

【理由】帝王切開になった訳

上の子の逆子がなおらなかった

上の子の時に逆子が治らず帝王切開になりました。

当時通っていたお医者さんから

「逆子の場合は帝王切開が1番安全。」と勧められ、

家族と相談した上で決まりました。

1人目が帝王切開だったので2人目も帝王切開になりました。

 

【心境】帝王切開が決まった時

子どもが安全に産まれるなら、それでいい。

自分の身体や手術に対する恐怖・不安より、

子どもの安全の事】が1番に浮かびました。

    

私自身、手術をするのは3回目だったので、

手術自体はあまり怖くなかったです。

     

chika
chika

★親知らずを一気に4本抜く手術で全身麻酔

★盲腸で倒れて緊急手術で下半身麻酔

これらを体験していたので、

「死ぬほど怖い!!」とはなりませんでした。

    

妊娠中になおらなかった逆子

お医者さんから

主治医
主治医

出産ギリギリまで様子をみて、赤ちゃんが正常位に戻れば自然分娩にしましょう。

と告げられ、様子を見ていました。

    

逆子をなおすためにしていた事
  • お灸の先生のところに通う
  • 自宅でもお灸をする
  • 逆子体操をする

     

自分が出来る範囲でやれる事をやっていましたが、逆子はなおりませんでした。

    

chika
chika

逆子体操が結構辛くて負担。

「なおらないんだったしかたな〜い。」

この時の私は気楽に逆子体操を辞めました。

    

ーー後に逆子がなおらなかった事に感謝

ーー娘がもたらした奇跡を体験する事に…

     

夫の心境メモ

子どもが無事に生まれてくるかどうか事態は、心配していなかった。

夫

切開して取り出すんだから、

【子ども】は大丈夫じゃないの?

それより手術する

【お母さん】の方が心配。

子どもよりも、母体の心配をしていました。

【不安】帝王切開について、周りの反応

  • 【なんか】大変だね。
  • 【まだ】逆子なおらないの??
  • 後が大変【らしい】ね…
  • あらぁ…【可哀想】に。

    

【自分自身】は感じていなかった事を

【他人】から聞き続けていくうちに

    

chika
chika

え?帝王切開ってダメなのかな…

大変なの?大変ってなんだろう…

無事に産まれてこれば良いんじゃないの…?

   

周りからの言葉から「未知の世界の恐怖」を感じるようになった。

    

周りの方は【心配】して言ってくださるので悪気はなく。

自分の気持ちが弱く、無駄に不安になりすぎている訳でもなく。

誰が悪い訳でもないです。

    

でも、

【心配】が当事者の【不安を煽る事】になっている事を、

知ってほしいです。

     

言われたかった言葉
  • 逆子ばっかりは、仕方ないよね
  • 出来る事はやっているなら、十分だと思うよ
  • 赤ちゃんもお母さんも元気なら、楽しく過ごして行けばいいよ

 

夫の心境メモ

接客業の夫はお客さんから

  • 「今時、帝王切開なんてしないといけないの?」
  • 「逆子まだなおらないの?」
夫

他の選択肢の方が良いのかな…?

可哀想な事なのかな?

夫も不安を煽られていました。

【入院】帝王切開の前日

入院準備がプチ旅行みたいで少しワクワク

すでに手術台に上がるのが3回目なせいか、

この時は緊張はほぼなかったです。

     

【赤ちゃん】に会える楽しみ。

そして、病院食が好きなので【ご飯】が楽しみでした。

     

chika
chika

私は何かあった時にNICUに直ぐ入院できる事から

【大きな病院】での出産を選んでいました。

なので、病院の【素朴で健康的な食事】が楽しみでした!!

  

《浣腸》初体験

出産の関係で、人生初の浣腸をする事に。

     

(お尻から浣腸液を入れられて…)

看護師<br>さん
看護師
さん

今から大体5分〜10分くらいトイレを我慢して下さいね!!

chika
chika

了解です!

ありがとうございました!

    

と言って2分後くらいに

chika
chika

いやいや。いやいやいやいや

5分我慢なんて無理!!!

    

すぐトイレ行きました!!

ちょっとでも「もう少し我慢していよう」なんて思わなくて良かったと感じるくらい、

刺激は強烈でした。

    

もし浣腸をされる予定の方は、

早めの移動をおすすめします…

     

chika
chika

2人目の時は「さぁこい!!」と構えていましたが、

【浣腸】は無くなっていました。

意気込みの空振りでした。

   

《除毛》切開するあたりの毛を剃られる。

看護婦<br>さん
看護婦
さん

手術で切開するあたりの毛を剃らせて貰いますねー。

パンツをガッツリ下げられての下腹毛の処理でした。

    

看護師さんはテキパキ

恥ずかしいのは自分だけでした。

   

chika
chika

入院前日にお腹に保湿剤を塗っていた為、

剃刀が滑りにくく…

剃り辛くなってしまい、看護師さんには迷惑をかけてしまいました。

   

入院前日や剃る前はお腹に【保湿剤は塗らない事】をおすすめします。

 

【直前】帝王切開の当日

手術予定時間を過ぎてもなかなか呼ばれない。

   

赤ちゃんに会える楽しみと、

手術にドッキドキ

だったのですが…

    

大きな病院での帝王切開だったので、

他の手術の兼ね合いによって予定時間がズレた。

  

結局、1時間以上待ちました

    

終わりの見えない待ち時間にいつまででも緊張していないといけなかったので、

【無駄な緊張】が嫌でした。

    

chika
chika

1人目の時は「はやく順番こい。はやく…!!」

2人目の時も結局1時間は待ちましたが、

上の子が近くでゴニョゴニョ何かしてるので、時間はあまり気になりませんでした。

   

夫の心境メモ

病室から手術室に行くまでの間の私の顔を見て、

夫

(絶望的な顔になって来てるな…)

私なりに表に出さないようにとしていたつもりが、【不安】は外には漏れていたようでした。

chika
chika

不安を口に出したら収集つかなくなる気がして、「平然、平然…」と、必死でした。

おわりに

今回は【帝王切開】逆子診断/妊娠中/入院中/手術直前までのお話となります。

この記事を書くことになり、今更ですが夫婦で当時を語り合いました。

記録として残せるのと同時に、

「そんな風に思っていたのか…」と、お互いの気持ちを知れて面白かったです!

 

閲覧ありがとうございました♪

chika
chika

次回は手術のお話からスタートです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました