空の上には、何があるの?*気軽に宇宙に触れよう

未分類
chika

ブログ閲覧、ありがとうございます♪
33歳/ピアノ講師13年目/コミュ障/2児の母/7年前に楽器店のピアノ講師から、夢だった【個人ピアノ教室の先生】に。全ての関係者様との出会いとお付き合いに大感謝!
詳しい自己紹介はプロフィール名【chika】をクリック♪

chikaをフォローする

空の上には、何があるの?

著:シャーロット・ギラン

絵:ユヴァル・ゾマー

出版社:河出書房新社

   

誰のために買ったか

星は何故爆発しているのか、という事が気になって仕方ないのため

娘「星ってピカピカ光ってキレーイ!!」

私「綺麗だよねー。星って爆発してるんだよー(フフン」

娘「星って何?なんで爆発してるの??」

私「…え?」

  

永遠に聞いてくる娘に説明できない私がいました。

教えようと調べてみるものの、「とても難しい・言葉を噛み砕けない」

そもそもどこから説明したらいいのか…

そんな悩みの中、この本に出会いました。

   

読んでみて

子どもに丁度いい内容の濃さ

私が星や宇宙の話の本を探している時はマンガ版だったとしても、5歳の娘には内容が難しい本ばかりでした。

この本は突然宇宙の話ではなく、空の上の物に対して(ビルの避雷針・オゾン層・衛星など)ゆっくり順番に説明があり、宇宙に進んでいきます。

お話が「浅すぎず・深すぎず」子どもにとても理解しやすい内容でした。

事実を誤魔化さずに語りかけ口調で書いてあるので、さらに理解がしやすかったです。

    

2.5メートルのページの迫力

娘「うわー!!長い!!」

ここまで長い本は初めてみました。

パッと広げて下から順番に読みながら上へ上へ進んでいくのが、自分達がどんどん宇宙へ向かっていくみたいで面白かったです。

   

1番のおすすめポイント

壮大な宇宙の話に、気軽に飛び込める

5歳の娘にはまだ難しい単語が出てきますが、それを気にもせず長いページと絵に魅了され、最後までしっかり話を聞いていました。

内容を全て理解するのは、子どもが大きくなるにつれて出来るようになることだと思うので、あまり気にしていません。

宇宙という題材、大人でも考えるのが嫌になりそうな感じがしますが、この本はゆっくり宇宙に意識を向けてくれるので「宇宙を知るきっかけ」を作ってくれた素敵な本でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました