赤ちゃんの絵本*娘と息子と私

未分類
chika

ブログ閲覧、ありがとうございます♪
33歳/ピアノ講師13年目/コミュ障/2児の母/7年前に楽器店のピアノ講師から、夢だった【個人ピアノ教室の先生】に。全ての関係者様との出会いとお付き合いに大感謝!
詳しい自己紹介はプロフィール名【chika】をクリック♪

chikaをフォローする

赤ちゃん〜幼児*特に気に入って読んでいた本

娘(乳児2歳までごろ。性格:大人しい)

ぷんぷんぶふふ

絵:フクバリンコ

監修:稲田大祐

出版:長岡書店

 

だるまさんの・だるまさんが・だるまさんと

作:かがくい ひろし

出版:ブロンズ新社

 

息子(乳児〜現在2歳。性格:活発)

お?かお!

へんしん!おばけちゃん

作:ひらぎみつえ

出版:ほるぷ出版

 

誰の為に買ったか

子どもに絵本を通して、楽しい時間を過ごして欲しかった為

楽しい時間を作ってあげたいと思ったの為

自分の母が子どもによく絵本を買ってくれていたので、それがきっかけで絵本に興味が湧きました。

家事・育児・仕事と追われる日々で体力と精神力的に支援センターなど、子どもを遊ばせる所には行っていなかったので、おもちゃ以外で遊べる・集中できるものはないかと思い、絵本を読んでみようと思いました。

 

読んでみて

ぷんぷんぶふふ

擬音語が楽しい

思い切って大胆に面白く読んであげるとすごくっていました。

色合いはハッキリしていますが、割と優しめな色合い

睡眠導入としても絵本を読んでいた我が家としては、落ち着きがあって好きでした。

 

だるまさんシリーズ

リズムよく進んでいく

テンポが一定で覚えやすく、次は何が来るんだろう…とページをめくるのを楽しみにしていました。

オチのページは慣れてくると言葉を覚えて、めくる前に先に自分で言っていました。

 

息子の場合

お?かお!

仕掛けを動かすと笑う

絵本の顔を親が真似するとさらに笑いました。

息子は本を乱暴に扱うので、この本の分厚さはとても助かっています。

分厚い本はページが少ないなぁ…と購入を迷う時もありましたが、破られるストレスを考えるとページが少なくても親子で楽しめるなら良いと思いました。

 

へんしん!おばけちゃん

自分で仕掛けを動かした

たまたまですが、我が家の息子が自分で初めて動かした絵本でした。

変化が大きくわかりやすい仕掛けだったので動かしやすく、息子1人でも動かせました。

なんでも自分でやりたい息子にはピッタリ。

2歳でまだ言葉がでない息子ですが、お化けのセリフを真似しようとしているので、覚えてくれたら嬉しいなとおもっています。

 

1番のおすすめポイント

ぷんぷんぶふふ:寝る前でも優しめな色合いでわかりやすい。

だるまさんリズム感。

お?かお!へんしん!おばけちやん大きな変化なのに仕掛けの動かし方がシンプル

 

赤ちゃんの時から絵本のある育児をしていて、私が思った事。

子どもを産む前産んですぐの時は赤ちゃんに絵本…?と思っていましたが、手探りででも色々な種類の絵本を2人に読み聞かせ続けて良かったと思っています。

 

何もわからず聞いているのかな?(失礼)と思って読んでいましたが、赤ちゃんにも好みがある事に気づいたり、言葉や色・物や動物などの名前を覚えるきっかけになりました。

 

なによりもはじめての育児の時は触れ合うきっかけや触れ合い方好みを知ったり睡眠導入の儀式にしていました。

 

義務的食事お世話で(私の場合、赤ちゃんはとっても可愛いですが、慣れない食事、慣れないお世話は緊張からストレスがありました。)触れ合う事は当然ありますが、絵本を読むだけ反応を見るだけ。の絵本の時間は自分の心されたり、心の整理ができました。

 

同じような境遇にある方や、絵本を買うか悩んでいる方に少しでも参考になればと思います。

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました